子育てが一段落したので復職を考えています。成功させるためのポイントは?

3つのポイントがあります。
・教育体制
・夜勤、残業なし
・ブランクの年数

復職しようと思っていますがついていけますか?

はい。大丈夫です。
現在では復帰支援の体制が整っている病院も多いです。
しかし、復帰支援体制がない病院だと大変です。

復帰支援体制はどのようなものがありますか?

時間外労働・休日労働・深夜業の免除、短時間勤務や時差出勤などがあります。
また入職時に研修を受けることができます。

どんな病院が向いてますか?

病院に託児所が完備されている病院
夜勤なしの勤務が可能な病院など・・・

クリニックや外来もいいです。
またパートとしての働き方もいいと思います。

数年のブランクがありますが大丈夫ですか?

はい。大丈夫です。
しかし、医療の現場は日々進歩しているので早ければ早いほうがいいです。

急性期の病院に復帰するなら、たとえ1年のブランクでも復帰は大変だと言われています。
しかし、クリニックや外来は看護の内容にも変化がないので復帰はスムーズにできます。

パートとしての働き方のメリット・デメリットは?

メリットは、自分の希望に合わせたシフトで働くことができることです。
デメリットは常勤と比べて福利厚生を受けることができないことです。

復職前にしておくことはありますか?

はい。あります。
まずは感染管理、採血、心肺蘇生法などの基本的な看護技術や知識をおさらいしておく必要があります

セミナーや研修会参加もいいです。
研修会には同じ様な境遇にある人が集まるため、復帰に向けての不安や情報交換など、共通の悩みを持った人と知り合う機会にもなります。

子供の急な発熱・病気の時はどうしたらいいですか?

いつでも業務の引継ぎができるように仕事内容を書面化しておくといいです。

夜勤、残業なしの病院はありますか?

はい。あります。
クリニックや外来勤務は夜勤や残業はないです。
また、子供が一定の年齢になるまでは夜勤や残業を免除してもらえる病院もあります。