看護師の給料

看護師の給料アップ、どうすれば?

看護師の給料は高いの?

厚生労働省の平成26年賃金構造基本統計調査によると、正看護師の平均年収は約473万円、准看護師では約409万円となっています。

これは全職業での平均を上回っており、看護師の収入は比較的高い水準であると言えます。
ですが、もちろん職場やキャリアにより差はありますし、「きつい仕事のため割が合わない感じがする」「同年代と比べて自分の収入は低い気がする」など給与に不満がある人も少なくありません。

では、看護師が収入を増やしたい場合、どのような方法があるのでしょうか。

勤続を長く続けてUP

給与UPといえば一般的な方法はコツコツと勤め上げることでの昇給です。
ただし、結果が出るまで数年単位かかりますし、確実に給与が上がる保証はありません。

看護師は他の職業にくらべて昇給率が低い傾向にあるとも言われています。
勤務先により昇給率はさまざまなので、確認しておくと良いでしょう。

おおまかな傾向として、小さい病院だと頭打ちになりやすく、大きな病院の場合は役職がつくため出世することで収入が増えやすいようです。

資格を取得してUP

資格を取得することで給与がアップします。
准看護師と正看護師では平均年収は60万円ほど違いがあります。

これは勤務先や勤務形態の違いもあるためで、同じ職場ではだいたい月収2~3万円ほどのアップになるケースが多いようです。
すでに正看護師の場合、専門看護師や認定看護師の資格を取ることで資格手当が付くところがあります。

ただし資格手当の額は月1万円以下のところが多く、手当無しというところも少なくありません。
ですが資格があれば勤務先の幅が広がりますので、全体的に見れば給与アップにつながります。
難点としては、資格取得のために休職して学校に通わなければならないことです。

手当のつく作業をしてUP

残業や夜勤をたくさん入れることでその分の手当で稼ぐことも収入アップの近道。
基本給は同じでも、こうした手当により高収入をキープしているケースも多いです。

ただしこれも勤務先次第であり、夜勤手当の額はまちまちですし、残業手当なしのサービス残業が多いところもあります。
もしもサービス残業が多い場合は、残業代をつけてもらえないか勤務先と交渉してみるのも手です。

やっぱり転職!

即効性があり確実な収入の上げ方といえば、やはり転職です。
単純に給与の高い勤務先に移ればそれだけで確実に収入アップになります。

また基本給が高いというだけでなく、昇給率の良いところ、資格手当や夜勤手当の充実しているところ、ボーナスの額が大きいところ、さまざまな好条件の職場があります。

現在の勤務先ではもう大きな収入アップは見込めない、そんなときは転職を考えてみることがおすすめです。
ハードワークに対して給与の割が合わない気がするという場合でも、別の勤務形態のところを探したり、各種手当が手厚いところを選ぶことで、仕事と報酬のバランスを改善することができます。

看護師の昇給はどのくらい?

看護師は昇給しにくい?

看護師としての勤務を続けるにあたって、気になることのひとつが昇給だと思います。
「看護師は初任給は高いが昇給しにくい」という話をしばしば耳にしますが、これは本当なのでしょうか?

厚生労働省の平成26年賃金構造基本統計調査によると、新社会人である20歳~24歳において労働者全体の平均年収は約301万円なのに対し看護師(女)では約378万円と高くなっています。

これが50~54歳での値を見ると、労働者全体の平均年収は約597万円、看護師(女)では約519万円というなっており逆転しています。
この結果から、看護師の初任給は高い水準から始まりますがその後の収入の増加は低めであると言えます。

ただ、これは昇給率が低めの傾向ということもあるのですが、看護師は女性が中心のために結婚や出産・育児などのライフイベントにより働き方を変更することが余儀なくされるためという面もあります。

キャリアが中断してしまったり、家庭の事情で夜勤に入れないなどで、収入が低くなってしまうのです。
また看護師は一般企業に比べてポストが少なく昇進の機会が少ないために昇給しにくいという事情もあります。

施設により異なる昇給事情

昇給については勤務先の病院により事情が異なります。
国立病院や公立病院勤務の看護師の場合は公務員扱いとなるために国や地方の基準があり、比較的安定して昇給する傾向にあります。

これに対して民間の病院やクリニックの場合はまちまちで、昇給率の高いところもあれば、中には昇給が無いというケースも。また業績によっては減収ということもあり得ます。
企業看護師では一般企業の会社員と同じように昇給していくところが多く、比較的給与は高くなるようです。

各種手当による収入アップ

基本給の昇給率が小さいところであっても、キャリアを積むことで各種手当が付くようになり年収が増えるというケースも多いです。

たとえば規模の大きい国立病院などであれば、役職につくことで手当がもらえるために看護部長などでは年収800万円以上という看護師もいます。

ただし一般企業にくらべると看護師の役職は少ないため、勤め続けていても必ずしも役職につけるとは限らないので注意が必要です。

また、専門看護師や認定看護師の資格を取得すると手当が付くところもあります。
ですが、中には役職についたり認定看護師になったりした結果、日勤の仕事が増え夜勤が少なくなって夜勤手当が減り、減収となってしまったというケースもあります。

昇給が頭打ちなら転職も

初任給は同程度でも昇給率によって数年後の年収は大きく違ってきます。
昇給の見込みの無い職場の場合、収入アップのためには転職が手っ取り早い方法です。

転職サイトの求人情報では昇給についても確認できるところが多いので、そうしたサイトを利用するのがおすすめです。

看護師の給料は何科が高いの?

「給料が高い診療科はどこ?」

これは看護師なら気になる話題ですよね。

けど結論から言ってしまえば「診療科による違いはない」です。
というのも基本給は、病院単位で決まっているため、診療科が違っても差が出ないからです。

じゃあここで話が終わっちゃう!

いえいえ。たしかに基本給は診療科によって違いがありません。

そうです。診療科によっては「手当」が違ってきます。
例えば、手術や救急などの仕事が多い診療科であれば、その分の手当が付き収入アップとなるでしょう。

今回は、そんな診療科の手当をテーマに記事を書いてみました。

外科

外科は手術に関わることの多い科です。
ただし、手術の直接の介助は手術室の看護師が行うため、外科の看護師は術前術後のケアを行います。
手術が多い大きな病院では給与も高いところが多いようです。

また、大きな病院は救急が多く忙しくなります。
病棟勤務であれば夜勤もあり、夜勤手当もつきます。
外科での経験は看護師としてつぶしが利くので、転職の際にも重宝することでしょう。

脳神経外科

脳疾患は患者さんの生命の危険につながることが多く、緊急性が高く忙しい科です。
そのために残業手当などもつき、年収が高い傾向にあるようです。
大きな手術が多いことも高収入の理由となっています。

循環器科

循環器科も患者さんの生命に関わる緊急の事態が多いため忙しく、また専門知識が必要となります。
専門知識・スキルを身につけキャリアアップしていけば収入アップにつながります。
またCCU勤務だと夜勤が増え、特別手当がつく病院もあり収入が高くなります。

手術室

手術室手当がある病院が多く、収入が高くなります。
手術の内容や看護師のスキルにより異なるものの、大きな手術が多い病院の手術室勤務では給与が高くなることが多いです。

たとえば循環器科や脳神経外科などがある病院では緊急性の高い手術が多く、看護師の収入も高い傾向にあります。

人工透析科(腎臓内科)

人工透析科の中でも特に透析専門センターがある病院や、透析専門クリニックでは給与条件の良いところが多いようです。

透析患者さんのケアはそれなりに大変ですが、仕事内容がほぼ一定で緊急事態も少なく夜勤も無いため、働きやすいとも言えます。

精神科

精神科の看護師の給与は、他の科と変わらない病院もありますが、危険手当などの特別手当が付く病院もあります。

病棟の無いクリニックなどでは給与の低いところもあります。
専門知識・スキルが必要となるので、ニーズは高いです。

美容外科・美容皮膚科

健康保険の適用外の自由診療を行っている美容外科や美容皮膚科は収益の高いところが多く、その分看護師の給与も良いところが多いようです。
日勤のみで高収入を得られるというのもメリットです。

ただし業績により給与の変動が大きい傾向にあるようです。
疾患の治療では無く美容が目的のクリニックとして独自のスキルが求められますし接客技術も必要となります。

まとめ

いかがでしょうか。
給料は、診療科ごとに貰える「手当」が異なります。

看護師の給与は、大規模な病院ほど高い傾向があり、逆に小さなクリニックだと低めになるのが一般的です。
ただし診療科ごとの手当によっては、それが逆転することもあるでしょう。

まあ何にせよ、看護師なら最低でも手取りで月収35万は欲しいですよね。
給料を上げたいのであれば、手っ取り早いのは転職です。
高給の求人は、探せば結構見つかったりします。

↓参考記事

クリニックでの看護師の給料は?

クリニックと病院の違い

医療機関のうち入院患者のための病床数が20以上あるところを病院、19床以下のところをクリニック・診療所と呼びます。
病院勤務は激務なのでクリニックへの転職を考えているという看護師は少なくありません。

一般的にクリニック勤務といえば夜勤が無い、休診日があり決まった休みが取れる、その代わり給与は低めという印象があります。
実際はどのような感じなのでしょうか。

クリニック勤務のメリット・デメリット

小規模でスタッフも少人数であるということは、長所でもあり短所でもあります。
経営者・院長の方針ひとつで職場の雰囲気は異なりますし、給与条件も差があります。

少人数なのはアットホームとも言えますが、人間関係が狭く難しかったり病欠の際など穴埋めが大変で休診日以外の急な休みが取りづらい面もあります。

病棟や救急が無く小規模なので仕事は楽かと言うと、クリニックにより大きく違うのですが、即戦力が求められるため丁寧な教育体制は無いことが多く、看護以外の雑務もこなさなければなりません。

そのため思っていたほど楽では無いという印象を持つ看護師も少なくありません。
また業務内容がそのクリニック独自のやり方になってしまうため、スキルアップを考えた場合は病院に転職しなおすという人もいます。

夜勤が無く休日も定期的で、多くは残業も無く定時に帰れるため、規則的な勤務時間でないと難しい事情のある人でも働きやすい職場と言えます。
ただし、その分の夜勤手当や残業手当が無く収入が低くなるということでもあります。

クリニックの給与はどのくらい?

厚生労働省の平成26年賃金構造基本統計調査によると、正看護師の平均年収は約473万円です。
これに対してクリニック勤務の看護師の年収は、正確な調査は無いのですが、約300万~400万円といったところのようです。

クリニックの多くは入院設備が無いために夜勤が無く、その分年収が低くなります。

また個人経営の小規模な施設が多いために勤務形態がパート・アルバイトの募集が多く、正職員に比べて収入は低くなります。
クリニックの経営状況によっては給与が安定しなかったりすることもあるようです。

逆に高い収益をあげているクリニックでは給与が高いこともあり、小規模な分だけ経営者の考え方が看護師の給与にダイレクトに反映される面もあります。

クリニックの中でも美容外科・美容皮膚科といった自由診療を行っているところは給与の高いところが多く、年収約450万円ほどになるようです。

日勤のみでこの金額はかなり高い水準と言えますので、高収入を目指す場合はこうした自由診療のクリニックへの転職も考えてみることがおすすめです。

看護師の給料、どんな病院が高収入?

勤務先により異なる収入

職業別の収入の調査では、看護師の給与は比較的に高い水準にあると言われています。

しかし、勤務先の病院により給与はさまざまです。
では一般的にはどのような病院が給与が高い傾向にあるのでしょうか。

基本的には、病床数が多い大病院や、美容外科等の自由診療のクリニックが高い傾向にあります。
大規模な病院であれば一般的に給与が高い上に、看護師数が多い分役職が多く上の役職になれば収入がアップします。

また民間企業は給与のばらつきが大きいですが、国立病院の場合は国の基準があり安定しています。

国立病院・公立病院

国公立病院でキャリアを積んでいき看護部長クラスともなると年収800万円~900万円ということもあります。

また国立の病院に勤める看護師は国家公務員に準じた扱いになり、国の基準があるため民間の病院ほどは収入に差は無く退職金や福利も充実しており安定しています。
公立病院の看護師は地方公務員となり、同様の傾向です。

大学病院

大学病院の場合は、役職無しでは一般的に考えられているほど民間の病院と差が無いケースが大半ですが、師長や看護部長などの役職がつくと民間の総合病院を上回ることが多いです。

同じ職場に勤め続けてキャリアアップを狙うなら大学病院がおすすめです。
また忙しく残業が多い傾向にあるために残業手当で収入が高くなるケースが多いです。

精神科病院

精神科の病棟の勤務には危険手当がつくために給与が多くなります。
また就職希望者が少なく人手不足の傾向にあることも、給与が高い一因です。

自由診療のクリニック

美容外科や美容皮膚科などの自由診療(保険のきかない診療)は利益が高いことが多く、クリニックの看護師の給与も多い傾向にあります。

人気クリニックでは仕事は忙しいものの多くは夜勤が無く休みが安定しているために、働きやすい職場と言えます。

訪問看護ステーション

在宅で療養中の高齢者や病気や障害のある人の自宅(老人ホーム等のことも)を訪問しケアを行う訪問看護の仕事も給与が高い傾向にあります。

介護士や医師と同伴することもあれば、1人で訪問看護を行うケースもあります。
目の前の利用者さんの状態をチェックし適切に判断しケアをするために臨床経験が必要とされ、その分給与が高くなります。

基本的に夜勤はありませんがオンコール当番があり手当がつきます。

病院以外の施設では

看護師の勤務先は病院・クリニックだけではありません。
介護施設でも看護師は求められています。

中でも特別養護老人ホームや有料老人ホームの給与は高い傾向にあります。
看護だけで無く介護の仕事もしなければならないところも多く、体力仕事が多くなります。