転職を目指すには

転職失敗~転職成功術(1)

失敗があるから成功につながるとは言え、失敗はしたくありません。
うまく成功するために考えてみましょう。

高収入と聞き、病院を決めて、就職したが、1年で辞めてしまった。

給料は誰もが重視します。また、給料だけでなく、勤務時間や休みなどの労働条件を考えないで転職すると、いざこざが起こります。
その一方で、こだわりがないと、それ以外はあさはかになります。

病院の業務や考え方が、自分が望んでることと違いがあると、働き心地が悪いです。だから、お金のために働いているという事になってきます。最初にこの病院で自分は働いて行けるか?と考えた上、条件に合う話し合いをしましょう。

転職した病院が公立病院!後悔!!

私立病院よりは公立病院がいい、公立病院の中でも国立大学病院を希望するのは、当たり前です。なぜなら、外見重視しているからです。

転職をする上で、考えなければいけないのは、「転職をなぜするのか?」という事であり、その結果、満足できる病院を見つける事です。

たとえば、介護的な専門知識・スキルアップを目指し、転職するのなら、そこにこだわるべきであり、私立か公立かを考える事はないと思います。なお、地域住民に携わる介護がしたいのなら、その条件に合った病院を選ぶ事です。

病院を選ぶ上で、業務内容、通勤時間、休日など条件を挙げるときりがありません。なので、「自分にとって本当に必要なもの」に順位をつけ、順位の高い条件を満たす病院を選ぶといいです。

自分が言っていることをやっていなかった!「患者さまを大事に」・・・なのにできていない。

誰でも他人からはよく見られたい。求人募集している病院も同じです。とはいえ、何も考えず転職すると失敗につながり、満足感も充実感もありません。

なので、転職する際には、自分が候補として選んだ病院の情報は、できるだけ集め、病院からの情報だけでなく、利用者からの情報も集めるといいです。

また、病院に足を運ぶことも重要です。病院の中を見ることは、日々の職員の仕事の仕方、患者さんへの接し方などそのままを見れ、その病院の姿が見れます。
また、利用者の話などを聞くと、満足や不満などその病院に対する声も聞こえてます。

実際に、自分で病院に足を運んでみることで情報を得られます。それを忘れないでください!

募集内容と違っていた!

募集の内容と違っていたという、失敗談もあります。
まず、募集内容に違いがあったり、現状から離れたことがあるのなら、内容を掲載している出版社に連絡します。
サポートセンターを設けていますので病院に対しての伝授もしてくれます。

ですが、出版社や病院がどこまで責任を持つのかはわかりません。自分で転職を決める前に内容の違いを見極める必要があります。
そのためにも、病院に足を運ぶことは情報収集に必須です。

転職失敗~転職成功術(3)

今から転職を目指す人へのアドバイス!
活用しよう!!失敗・ビックリ体験~成功術・裏技

将来的にはプランが必要

将来的に管理職を目指すのか、特定分野の知識や技術を持った専門家を目指すのか、ライフスタイル重視なのかが問われます。

5年後・10年後どうしたいのか?と考えると自分の目標が見えてきます。
転職活動をするのなら、まずは5年後の目標を決めるといいです。

まだ、目標が決まらない場合は、周りの人たちはどうしているか、どのようにしてキャリアアップしてきたかなどを考えることも必要です。

後悔しないために、自分の希望を明確に!

自分の希望通りの病院を見つけるのは難しいです。条件に優先順位をつけて決めるといいです。
優先順位は、5年後・10年後というプランを立てることと関係します。

長い期間の目標を立て、その都度行動する。目標達成するには、「絶対条件」「今はどちらでもいい」というのがわかってきます。
転職をすることは、現在だけではなく、将来的にキャリアアップや生活の面での方向性が決まります。

病院の中を見ることも必要

自分が希望する病院が決まり次第、情報収集をしましょう。インターネットで調べても発信元は病院が多いです。
なので、その病院の利用者の声を聴くことも重要です。自分が持つ印象と違いがある事もわかります。

患者のふりまではいかなくても、待合室までなら入れますので、自分で見ることも必要です。実際に患者や看護師の業務を見ればその病院の姿がわかります。

そのほかの方法は、看護学校の同級生や知人などからも情報を集めることです。

転職を目指すには、前病院での仕事を残さないよう、最後までしっかりと!人間関係も大切に!

退職が決まって、実際の退職までの期間は、普通は1か月くらいです。その期間中に引き継ぎをします。
引継書を作り、相手に分かりやすくまとめておくことが重要です。

引継ぎをスムーズにすることはとても必要です。円満退職にもつながります。
円満退職することによって、前の職場の人とも、良好な関係が続けられます。

また、仕事をしていく上で役に立ち、人脈にもなります。
将来的に有望になります。

転職失敗~転職成功術(2)

次は面接時のビックリ・困った質問。
「こんな質問もあり!」知っていれば対応も簡単。

なぜ、仕事を辞めた?

仕事を辞めた理由を聞かれのは、志望理由・自己PRのような、面接時の一般的な質問です。しかし、人間関係や給料を「転職理由」にする人が増えています。

その対応ですが、スキルアップをしたい、患者との心の触れ合いを重視した看護がしたいなど前向きな理由にしましょう。今までの自分の経験を振り返り、こんな看護の仕事がしたいというような希望が出てくるはずです。

その内容と希望する病院を結び付けることにより、面接官は納得してくれるでしょう。それを踏まえ、人間関係や給料など、他の質問にも対処すればいいです。

今までの事例研究、内容。忘れていませんか?

今までの業務内容や結果を聞かれる中で、このような質問もあると考えておくといいです。病院によっては、研究や学会発表などに重点を置いているところは、その可能性が高そうです。
時には、履歴書と一緒に研究発表のレポートの提出も必要になってきます。

そのほか可能性が高いと考えれるのは、転職が同じ診療科の場合です。希望者に対して、仕事に必要な、知識や経験を持っているだろう。と判断してしまいます。確かめる方法として、このような質問をします。

結局は、面接が決まり次第、過去の事例研究を振り返ることが重要です。

妊娠したら仕事はどうするか?

子育てと仕事の両立の考え方を確認するための質問です。「子供の急病時はどうしますか?」という質問も同じになります。

答え方としては、産休・育休後に復帰する、子供の面倒は両親に見てもらうなど具体的に内容を伝えるといいです。

また、辞める予定にもかかわらず、ウソをつくのもよくありません。病院に迷惑をかけないためにも、きちんと自分の考えを伝え、お互いが納得するようにしましょう。

自分の意志も決まってないまま、「明日からいいですか?」と聞かれ、そのまま働きだした!

最初に「はい」と言ってもいい場合は、仕事を辞めていて、その日から勤務できる場合です。そこで重要なのは、その病院で本当にいいのか?という事です。

迷っている時は、少し考える時間をもらい、なるべく早めに返事をするといいです。他の面接も受ける場合は、その旨を伝えるといいでしょう。

なお、在職中であれば、引継ぎの時間も考え、勤務日を伝えます。病院側が入職を焦っているようなら、縁がないと思い、あきらめましょう。
社会人として、前職の仕事を全うすることも重要です。

独立行政法人や病院経営についての未来を聞かれました!

面接で、病院経営や医療を取り巻く社会情勢の関心度を聞かれることがあります。これは難ししいことを聞かれてるわけではありません。

日々、新聞やニュースを見て、感じた事、思ったことを率直に伝えればいいです。
社会情勢にも興味がある事が伝われば、患者さんやその家族に対しても柔軟に対応できると思われます。

しかし、希望する病院と関係ないような答えをしてしまうと、印象はよくありません。
事前収集はきちんとしましょう。
また、キャリアもあり、上級職員の転職は意見もしっかりまとめたほうがいいでしょう。

キャリアアップを目指すための「資格」!!

キャリアアップを目指すための「資格」!!医療の分野だけではなく、世間には色々な資格があります。
資格をうまく使い、キャリアアップしましょう。

資格取得にはそれまでの「過程」が重要

資格を取得した看護師100人に聞くと、7割以上の看護師が資格を取得した後、何らかの違いを感じているようです。
最初に、資格の持つ「効果」について考えましょう。

①知識を得て、スキルアップを目指す
多くの資格は、取得に向けての検定・認定試験があります。合格を目指すには、勉強をしなくてはいけません。

また、セミナーや実習、レポートが必要なこともあります。その過程で得た、知識や技術が毎日の業務とつながる場合、「仕事に役立った」と感じることが多いです。
すなわち、資格よりもそれまでの勉強に価値があります。

ただ、日々忙しい中、時間をつくり、自ら勉強するのは簡単ではありません。そのような時、試験日が決まっていて、要点をまとめた参考書や問題集などがある資格は、自分のためにすごく役にたちます。合格を目指し、勉強していたら自然に知識や技術が身につく。それが資格の効果です。

②客観的な知識
色々な仕事の中で、自分のキャリアを説明するときに、経験年数が使われることが多いです。
「ナース歴12年」「小児科病棟で6年」といったように、キャリアを説明したことがあると思います。

しかし、その人の持っている知識や技術は、経験年数だけではありません。それに対して、資格は認定する団体から、「専門家として知識や技術を持っていると認められた」ということです。資格を取得することが客観的に、取得者の知識・技術を証明してくれるのです。

③色々な知識を得る
資格を取得するための勉強の中で、それぞれの分野における研究の成果など、仕事には必要ないと思うこともあります。でも、それが資格の効果です。

毎日の仕事で習っている知識は、必ずしも順序良くなっていません。今やるべき仕事をして、無作為に断片的に身についていくことが多いです。
また、経験したから分かったということもあります。

資格の取得に向けた勉強は、そのようなことを順序良く学ぶこともできます。また、経験したことを裏付けるような結果もあります。

つまり、体系的な知識も習得できます。現場での知識を順序よく勉強することは、今までの不安や疑問をなくし、自信になります。
また、断片的な知識が整理されることで、次へのステップアップになります。

目的を見極めることが必要

さまざまな効果が期待できる資格ですが、アンケートでは「何もかわらない」と答えている人もいます。
その原因を考えると、資格を取得することだけが「目的」になっているからです。

「知識を得て、スキルアップを目指す」「客観的な知識」「色々な知識を得る」というような効果はその分野ではなく、知識になります。

そういうことに対して、仕事のために資格取得を考えている場合は、その効果を表す言葉以前に、「必要な」という言葉を加えるといいです。

分かっていると思いますが、、意外と重要です。
「将来、役に立ちそうだから」「持っていれば便利かも」という理由から習得を目指し、いざ習得するときに、「役には立たない」というのは仕事と資格のつながりを考えていないからです。せっかく取得した資格なので、仕事に活かしたいものです。

ですが、全く関係のない分野の仕事にその資格を活かそうとしても無理です。きっかけはどうであれ、仕事に活かしたいなら、「どんな資格か」「どんな知識が得られるか」「仕事とどう関係するか」ということを調べる必要があります。

資格がすべてではない

看護師資格を持っていないと、看護師の仕事はできません。行政書士や栄養士なども同じです。そのような資格は、決められた知識や技術を学び、身に着けた人にだけ、業務を許可するだけの資格です。

そういう事に対して、取得した人も取得していない人も同じ仕事ができる資格もあります。このようなことを十分に理解しないと、仕事に対してストレスを感じることがあります。

また、資格の有無に関係なく同じ給料という、不満もでてきます。これも資格に対するかなりの望みであり、または誤解になります。

職場によっては、取得支援制度があったり、資格にかかる費用がでる場合もあります。
そこで大切な事は、資格はあくまでも「きっかけ」という事です。資格を取得するために勉強する。そこから知識、技術が身につき、スキルアップできる。という過程の結果です。

ほとんどの資格に即効性はないし、万能でもないです。それが「資格」です。
しかし、考え方次第で資格は自分の成長にもなり、目標へとつながります。
キャリアを積んでいく上で、資格は心強い武器になるので、うまく利用しましょう。

奨学金があるから辞められない。解決法は?

奨学金を利用しています。辞めることはできますか?

辞めることは可能です。
しかし、お礼奉公の期間働いていない場合、退職の際に奨学金を全額、一括で返済することが求められるでしょう。

奨学金を利用すると、
・就職活動をしなくていい
・学費は病院が支払ってくれるのでお金をかけずに、看護師になることができる
・奨学金の種類により、指定期間働けば免除される
このようないいことがある反面、
・奨学金を受けた病院で働かなければいけない
・卒業後、希望する病院があっても就職先は決まっている
・辞めたい場合、指定期間は辞めれない

このような問題に直面し、悩み苦しむ看護師さんも多く存在します。
中でも、あなたのように、お礼奉公中に辞めたくても辞められず悩んでいる看護師さんはたくさんいます。

お礼奉公って?

お礼奉公とは、最低〇年間働けば奨学金の返済義務を免除するという、病院から出された条件のことです。
その指定された〇年間の途中で辞めれば、その時点で一括の返済を義務付けられています。
その条件のもと、あなたはお金を借りているので、契約が3年なら3年働くことがお礼奉公の期間となります。

お礼奉公期間中に辞めると、全額を一括で支払うのですか?

奨学金を借りる際の契約で、定められた期間内に退職すると、全額を一括返済するという内容になっていることが多いです。

しかし、契約書に分割可能と書かれていた場合は、交渉次第で分割になることがあります。
中には、働いた期間を考慮して、返済額を減額してくれる病院もあります。

辞めたいですが、一括で払えるお金もありません。どうしたらいいですか?

奨学金といっても、借金をしていることです。
お礼奉公中に退職となると、必ず返済義務があります。

しかし、お礼奉公中で、一括返済するお金がなくても、転職する方法はひとつあります。
それは、奨学金を肩代わりしてくれる病院が存在するのです。そういった病院を見つけて転職するといいです。

肩代わりってどういう意味ですか?

一括返済を、転職先の病院が代わりにしてくれるということです。
あなたはその病院へ転職できる代わりに、転職先へ肩代わりしてくれた金額を返済することになります。
借金を毎月定額ずつ返していく形になります。

お金を借りる病院が代わるということですか?

簡単に言えばそうなります。
理由があってその病院では続けられない。どうしても転職したい人にとっては、ありがたいですよね。

転職先へはどのように返済するのですか?

転職した病院の給料から天引きになることが多いです。
また、病院によっては、決められた年数働くと免除されるということもあります。

肩代わりしてくれる病院があるなんて、はじめて知りました。

どこの病院も表立って宣伝しているわけではありません。
肩代わりと言っても、実際3年は勤務しようとしている新人看護師を、横取りすることになるわけです。
そのため、立て替え一括制度があることを、積極的に宣伝しない病院が多いのです。

どうやって探せばいいですか?

一般的にはホームページなどでは公開されてないことが多いですので、自分で探すのは困難でしょう。
立替一括返済制度があることを求人情報に載せている病院は少ないです。

そのため、看護師の転職支援サイトに登録して、担当のコンサルタントにお礼奉公中であることを伝え、相談するといいでしょう。

このまま続けたほうがいいの?

奨学金のためにと、自分に合わない職場で我慢して続けると精神的にもストレスになり、看護師自体、辞めたくなります。
それよりも、希望する病院に転職して毎月少しずつ奨学金を返していったほうがいいです。

看護師を一年で辞めました。次の転職先を探してます

質問「一年で病院を辞めてしまいました。転職先は見つかりますか?」

回答者:
三原Y子(29歳)
看護師歴7年目

1年目で病院を辞めてしまい、次の就職先が見つかるかどうか不安というメールをいただきました。

大丈夫です!見つかります。
現在は、看護師不足のため、募集している病院は多いです。

どのように探したらいいですか?

新卒入職後、3年未満で辞め、転職しようとしている看護師のことを「第二新卒」と言います。
なので、第二新卒者を募集している病院を探すといいです。

第二新卒での転職は大丈夫ですか?

はい。大丈夫です。
第二新卒は社会人経験も少しはあり、一度就職したことにより社会人としてのマナーや厳しさは、新卒者にはない経験ですので、その経験を評価して歓迎してくれる病院もあります。
しかし、第二新卒の転職は一回だけと思ったほうがいいです。

なぜ、一回だけ?

転職は回数を重ねていけばいくほど評価が下がります。
離職を続けると「この人は続かない」と判断され、転職はかなり厳しくなります。
看護師は、転職に強いといわれていますが、回数が多すぎればさすがにマイナスになり、入職できる病院が限られていくでしょう。

どんな病院がいいですか?

第二新卒を積極的に採用している病院を選びましょう。
経験の少ない看護師を採用するのですから、教育・研修制度も充実しているためオススメです。

第二新卒の研修って?

2パターンあります。
1つ目は、新卒と同じ教育や研修を受けるパターンです。
2つ目は、第二新卒専用の教育を受けるパターンです。このパターンの場合は、新卒研修を一部省略したケースがほとんどです。

第二新卒で転職しても、プリセプターは付いてくれますか?

はい。たいていの場合は付くでしょう。
ただ一部の病院は、二次新卒にプリセプターを付けないケースもあります。

この辺りは、転職前に友人や知人、または転職サイトの担当者などから、事前に情報を聞き出しておきましょう。

第二新卒の場合は給料が下がるって聞きましたが本当ですか?

一概には言えません。

というのも上がるか、下がるかは、病院によるからです。
給料が高い病院に行けば上がりますし、逆に低い病院に行けば下がります。
第二新卒だからといって減給されることはありません。

ただ第二新卒なら、年収360万円前後は確保しておきたいものです。

そもそもですが、第二新卒を採用する病院ってどのくらいあるんですか?

結構多いです。
病院によっては、第二新卒が新卒よりも早く即戦力になってっくれるため、一定枠の第二新卒枠を設けていることもあります。
特に最近は、第二新卒を採用する傾向が強くなっている気がします。

しかし、面接時に苦労するので注意が必要です

面接時に苦労って何ですか?

それは1年目で辞めた理由です。

病院側は「第二新卒だからすぐに辞めてしまうかも」と警戒しています。
面接でそう思われてしまうと、採用は遠のくでしょう。

そのため自分がをしっかりアピールしましょう。
例えば、将来の展望をしっかり持ち、すぐに退職せず、長期間勤務することをアピールできればバッチです。
第二新卒の看護師であれば、短期間とはいえ医療現場を実際に経験していますので、そこで学んだこと経験したことをうまく話してください。

前職の退職理由も必要ですか?

志望動機と同様に必ず転職理由を聞かれます。
人間関係がうまくいかなかった、給料が低いなどの理由で退職した場合は、そのことを正直に伝えるのはマイナスです。
なので、前向きな理由、プラスな理由を考えておくといいでしょう。

看護師第二新卒の入職時期はいつがいいですか?

入職時期で多いのをあげてみます。
・4月の入職
・夏の賞与後
・9月(期の変わり目)
・冬賞与後

時期としては、4月と9月は病院にとっての期の変わり目ですので、このタイミングからの入職がおすすめです。
新卒同様に教育をしてもらいたいならば、新卒者と同様4月からのスタートがいいです。

転職活動をする上で、重要なことはどんなことですか?

自分に合った職場を探すことが重要になってきます。
そのためにはたくさんの求人を見て、自分に合いそうな病院を探してみましょう。

また良い求人が見つかれば、そこで働いている人に内情を聞いてみるのも重要です。
働いてから「思ってた職場と違う・・」となれば、また同じ失敗をしてしまうからです。

友人や知人のコネを使って求人と情報を集めてみましょう。

そういった人脈が無い、または友達に迷惑をかけられないという人は、転職サイトを利用しましょう。
転職サイトは、求人がたくさん集まっており、さらには病院の内情まで教えてくれるサービスです。
↓参考記事

1年や2年で辞めたからといって負い目を感じてはいけません。
今は、転職しない人のほうが珍しい時代です。

最初はうまくいかなくても、それを次に生かせればいいのです。
それではグッドラック!!!